不動産売却にかかる平均期間は?

不動産売却にかかる平均期間は?

家売却にかかる平均期間は、約3か月とされています。
この平均期間は不動産が市場に出てから、売買契約が結ばれるまでの期間です。
売買契約後の引き渡しの期間などは入っていません。
また、状況によって売買期間は短くなったり、長くなったりします。
相場よりも高く売りたいと考えれば、売買期間は長くなる傾向にあります。
逆に即現金を手に入れたいからと相場よりも価格を下げれば、売買期間は短くなる傾向にあります。
ただ、できることなら売る側は、高い価格で売りたいでしょう。
高い価格で売りたい場合は、広告の出し方や価格を下げるタイミングなど、様々な要素を考慮して売買する必要があります。
購入を希望している方に内覧をしてもらうとき、高値でも購入したいと思わせる戦略も考えなければなりません。
よって、どこまでなら売買期間が長くても許容できるのか、冷静に判断してください。
そして、タイミングを見ながら広告を出したり、価格を設定しなおしたりし、戦略的に売買を行うようにしましょう。
また、売買をするときに、相場を知っておくことは大変重要です。
相場を知らないと、数百万円も安く売りに出してしまい、損をすることが考えられるからです。
様々な業者にいくらの価格が付くのか見積もりを出してもらい、大体の価格を把握しておきましょう。
そして、即売って現金にしたいという気持ちをなるべく抑え、タイミングを見計らって売買してください。
不動産売却を得意とする方に相談するのも、大変賢い方法です。

Comments are closed.