総量規制対象外のカードローンを利用したときの体験談

総量規制対象外のカードローンを利用したときの体験談

以前、旅行に出掛けるのでお金を借りたいと思い、総量規制対象外のカードローンの申し込みをした事が在ります。
総量規制は消費者金融などの貸金業者に対するもので、銀行は総量規制対象外になります。

因みに、総量規制は年収の3分の1未満と言った制限が設けられているもので、自分の場合は年収の3分の1以上の額を借入したかったこと、そして多くの額を借り入れる事で金利が低くなるメリットが在るからです。

消費者金融の金利は低くなっていると言っても、銀行の金利と比較した場合、金利は銀行の方が低くなりますし、借りたお金は定期的に繰り上げ返済を行って短期間で全額返す計画を立てていたので、多少なりの審査の厳しさは在るものの、総量規制対象外のカードローンを選んだのです。

因みに、総量規制では50万円を超えた申し込み額の場合収入証明書が必要になるのですが、銀行の場合は特定の額を超えなければ原則収入証明書の提出が要らないという魅力も在りました。

収入証明書類の提出が在ると、年収で審査に落とされてしまうと言った不安が在りましたが、200万円や300万円と言う高額のカードローンを利用するつもりはありませんでしたので、5万借りる場合などは、収入証明書が要らない範囲内でカードローンの申し込みを行ったのです。

尚、申し込みはパソコンを利用して行い、契約についてもパソコンと言った具合に、銀行の店舗窓口に行く時間が無かったので、ネットを利用して完結できる銀行を選んでカードローンを利用した事が在ります。

Comments are closed.